卒園式は感動間違いなし!大学で国家資格を取り保育士になろう

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

資格を取る

子供たち

小学校に上がる前に幼稚園に通う子どもは多いですが、その子ども達の教育に携わる仕事として幼稚園教諭があります。幼稚園教諭は子ども達の健康状態を確認したり、音楽や絵画、遊びを教えたりするのが主な仕事です。他にも園内の清掃を含めて様々な仕事内容がありますが、この幼稚園教諭になるためには資格取得が必要です。大学や短期大学を卒業することが前提としてありますが、免許が3種類あるので、それらのどれかを取得していれば幼稚園にて働くことが出来ます。4年制大学で幼稚園教諭養成課程などを受けて卒業すれば、1種免許状が得られ、短期大学であれば2種免許状、大学院などで学んだ際には専修免許状というものが取得出来ます。どの免許がいいというわけではないですが、これらがあることで働けるようになっています。また幼稚園によって免許状の種類で初任給は違ってくる場合はあるので、その点は就職の際に確認しておきましょう。

幼稚園教諭になるために大学に通いますが、4年制大学と短期大学のどちらがいいか迷う場合があります。もし早めに幼稚園教諭として働きたいのであれば短期大学、じっくり学んで1種免許状を取得し働きたいなら4年制大学へと進学するといいでしょう。また現在は幼稚園教諭のみではなく、同時に保育士の資格を持っている方が就職先を探すときに有利になることもあるので、どちらの資格も取得可能な大学へと進学するのも一つの手段として挙げられます。また資格を取ることも大切ですが、実践的なことが学べる環境なのかどうかも見極める必要があります。