卒園式は感動間違いなし!大学で国家資格を取り保育士になろう

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

実践の場で学ぶ

介護

通信講座で介護福祉士の資格を取得することも出来ますが、しっかりと学びたいという人は専門学校などに通い勉強しています。専門学校であれば2年間でしっかりと学ぶことが出来る環境やカリキュラムが整えられています。また専門学校によっては授業時間が短くなっているので、それ以外の時間は福祉施設でアルバイトをしたり、自分で勉強をしたりするなど時間を有効活用することも可能です。働く、あるいは資格を取得するために座学もとても大切ですが、介護福祉士になる上で実際の現場で学ぶことは必要不可欠です。学校であれば実際の老人ホームやデイサービスなどの現場で体験しながら、また高齢者などと直接触れ合いながら学ぶことが出来るようになっています。

高齢化社会になっている日本では、介護福祉士などの介護人材の需要が高まっています。そのため求人数や就職率も高い職種なので、目指す人が増えています。この介護福祉士は国家資格となっているものなので、現在社会人で福祉施設にて働いている人も資格を取ろうと頑張っていますが、社会人だと学校に通うのが難しくなってしまいます。そのため時間の短い専門学校や自分のペースで勉強可能な通信講座、夜間のみ対応の専門学校など学べる環境が多様化してきています。それぞれで学ぶ期間や費用なども違うため、どれが自分に適しているのかを調べながら探していきましょう。学校や通信講座の資料請求を行ない、自宅でじっくりと検討してみるのもいいかもしれません。