子供と接する保育士になる│大学で知識と技術を習得

文房具
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校を選ぶ

保育士

子供が好きだったり、誰かに何かを教えることが好きだったりするのであれば、保育士を目指してみてもいいでしょう。保育士は子供の成長期に接する大事な仕事なので、様々な知識や技術が必要になります。いまは大学にて保育士になるための勉強が出来るので、専門の学科で色々と学んでいきましょう。基本的に大学といっても4年制大学と2年の短期大学がありますが、それぞれ学費や取得出来る資格や免許、施設の充実性が異なります。勿論年数だけではなく、大学ごとに特色が違っているので、取得可能な資格や学ぶ内容、学費に応じて学校選びは行なうといいでしょう。

保育士になるためには、国家資格である保育士試験を受けて合格する必要があります。その際には筆記だけではなく、子供たちと一緒に楽しむ音楽や絵画、また教える際に必要な日本語などの言語分野の試験も行われます。その試験に合格するための勉強を大学で学んでいきますが、2年であっても学費は250万円前後必要になります。もし学費面で大学への進学が厳しいのであれば、奨学金制度がしっかりとしていたり、学費を少しずつ支払える分納制度が整っていたりする学校を探すといいでしょう。学校ごとに学費には差があるので、いくつかの学校を比較した上で進学先を決めるようにしましょう。そうすれば負担なく勉強に集中することが可能となります。いまは待機児童問題もあり、保育士の需要は高まっているので、就職もしやすくなっています。大学で資格取得を行ない、保育士として子供たちの未来のためにも働いていきましょう。

資格を取る

子供たち

4年制大学や短期大学に進学して、幼稚園教諭の資格を取得し働く人はたくさんいます。免許状にも種類があるので、その点も確認した上で大学進学を行ないましょう。いまは保育士の資格取得も同時に出来る場合があります。

More...

必須な資格

男の人

企業人数が多い場合、衛生管理者が必ず1人以上必要になります。そのため資格取得を行なう人がいますが、第一種と第二種があります。また学ぶ方法として通信講座が重宝されています。

More...

実践の場で学ぶ

介護

介護福祉士になるためには、知識だけではなく実際の現場での学びもとても大切です。そのため体験や実際の現場に赴くことの多い専門学校に通って勉強すると技術を習得しやすくなります。ただ社会人だと難しいケースもあるので、自分に合った方法で勉強していきましょう。

More...